ギフト券を使ってクレジットカード現金化をする方法

ギフト券は換金率が高く、自分でクレジットカード現金化を行うのに適した商品です。

本記事では、ギフト券を使ってクレジットカード現金化を行う方法を詳しく解説して参ります。

またギフト券を使ったクレジットカード現金化のメリットやデメリットについても詳しくご紹介して参ります。

クレジットカード現金化にギフト券を使う方法

まずはギフト券を使ってクレジットカード現金化をする方法を詳しく解説して参ります。

具体的な方法は以下の通りです。

  • クレジットカードでギフト券を購入する
  • 購入したギフト券が送られてきたら、金券ショップやネットオークションなどで転売をする
  • 転売したお金を手にすれば、クレジットカード現金化の完了

クレジットカード現金化の基本的な仕組みは転売です。

ギフト券を使ったクレジットカード現金化の方法もその点は同じで、購入したギフト券を金券ショップ、ネットオークションで転売をすれば現金化をすることができます。

それではより詳しく、クレジットカード現金化の方法を見ていきましょう。

①ギフト券を購入する方法

コンビニなどでもギフト券を購入することはできますが、残念ながらコンビニの場合クレジットカードでギフト券を購入することはできません。

そのためギフト券の購入をお考えの際には、インターネット上でギフト券を購入することをオススメします。

例えばAmazonギフト券はAmazon内で購入することができますし、iTunesカードも、Appleの公式サイトから購入することが可能です。

またナナコカードやWAONカードなどを利用すれば、間接的にですがコンビニでもクレジットカードでギフト券を購入することができます。

その方法に関しては、別記事で解説してますのでご参考にしてください。

②購入したギフト券を転売する方法

次に購入したギフト券を転売する方法をご紹介していきましょう。

ギフト券を転売する方法は、フリマサイト、ネットオークション、金券ショップなどが考えられます。

ただそれぞれの方法で、換金率は異なりますので注意してください。

最も換金率が高くクレジットカード現金化ができるのは、金券ショップです。

フリマサイトやネットオークションでは、販売手数料として10%前後がかかってしまうため、どうしても換金率は低くなってしまいます。

またプラットフォームによっては、ギフト券の出品を禁止しています。

そのためギフト券の換金をお考えの際には、インターネットではなく金券ショップを利用することをオススメします。

③ギフト券を使ったクレジットカード現金化の換金率は?

ギフト券を使ったクレジットカード現金化は、換金率が高いというメリットがあります。

例えばAmazonギフト券やGooglePlayカード、iTunesカードなどは80%〜95%程度の換金率でクレジットカード現金化をすることができます。

またJCBギフトカードやUCカードも、80%以上の換金率で売り買いがされています。

高い換金率でクレジットカード現金化ができるため、ギフト券を使った現金化の方法は人気の手法となっています。

④クレジットカード現金化にオススメのギフト券

続いてクレジットカード現金化に向いている、オススメのギフト券の種類をご紹介します。

記事の冒頭でもお話しした通り、ギフト券の種類によっては現金で購入することができませんので、注意しなければいけません。

クレジットカードで購入でき、なおかつ換金率が高いギフト券の種類には、以下のギフト券が挙げられます。

  • Amazonギフト券
  • JCBギフトカードなどの信販系ギフトカード
  • iTunesカード
  • GooglePlayカード

クレジットカード現金化をする際には、以上のギフト券を活用するといいでしょう。

ギフト券を使ったクレジットカード現金化のメリットとは?

束になったギフト券

ギフト券を使ったクレジットカード現金化のメリットは、なんと言ってもその換金率の高さです。

ギフト券は90%前後の換金率でクレジットカード現金化をすることができます。

ブランド品を転売して行うクレジットカード現金化の換金率は60%〜70%程度にしかならず、現金化業者を利用する場合は70%〜80%程度が換金率の相場です。

他のクレジットカード現金化の方法と比べると、ギフト券を使った現金化がいかに高い換金率かがお分かりでしょう。

同じ金額のショッピング枠を現金化するのならば、ギフト券を使ったクレジットカード現金化が最も換金率に優れています。

ギフト券を使ったクレジットカード現金化のデメリットとは?

ギフト券を使えば高換金率でクレジットカード現金化をすることができます。

一方で、ギフト券を使ったクレジットカード現金化には次のようなデメリットもあるので、注意しなければいけません。

続いて詳しく解説していきましょう。

①クレジットカード現金化がバレやすい

ギフト券は上述の通り換金率が高いため、クレジットカード現金化がバレやすいという特徴があります。

クレジットカード現金化は違法ではないものの、カード会社の利用規約に反する行為です。

そのためクレジットカード会社は、クレジットカード現金化の疑いがあるカード利用を厳しく見張っています。

ギフト券は中でも特に換金率が高く、クレジットカード現金化に使われることが多い商品です。

そのためギフト券を使ってクレジットカード現金化を行うと、すぐにカード会社に現金化がバレてしまうので注意してください。

もしもクレジットカード会社に現金化行為がバレてしまうと、

  • クレジットカードの強制退会
  • カード残高の一括返済
  • 自己破産ができなくなる

などのペナルティ処分がかされてしまう可能性があります。

くれぐれも、ギフト券を使ってクレジットカード現金化を行う場合には、注意してください。

②高額なお金は手にできない

ギフト券一枚あたりの金額は500円から1万円程度です。

そのため数万円〜10万円と言った高額なお金を手にするには、大量のギフト券を購入する必要があります。

しかしながら大量のギフト券を購入してしまうと、クレジットカード会社に現金化行為が発覚してしまいますので、気をつけなければいけません。

そのため実際にクレジットカード現金化を行う際には、1〜2万円程度の現金化に留めたほうがいいでしょう。

高額なお金が必要、という場合に、ギフト券を使ったクレジットカード現金化は不向きです。

③時間がかかり、クレジットカード現金化が面倒

ギフト券をクレジットカード現金化に使用するには、まずギフト券を購入する必要があります。

ギフト券はインターネットから購入することができますが、紙媒体のギフト券の場合は発送されるのを待つ必要があります。

お住いの地域によってはギフト券が自宅に届くまでに数日かかることもあり、現金化するまでに時間がかかってしまいます。

またギフト券を手にしても、実際に現金化するまでにも手間がかかります。

お住い・勤務先に金券ショップがあれば現金化は簡単ですが、そうでない場合はわざわざ金券ショップまで出向かなければいけません。

またインターネット上でギフト券を転売する場合には、購入者とメッセージでやりとりをしなければいけませんし、ギフト券を梱包して発送する必要もあります。

残念ながらギフト券を使ったクレジットカード現金化は、手間がかかるため即日でお金を手にするには不便な方法です。

まとめ

ギフト券の換金方法を調べる人

ギフト券は換金率が高いため、クレジットカード現金化によく使われる商品です。

Amazonギフト券やJCBギフトカードは特に換金率が高く、90%以上の換金率で現金化をすることもできます。

一方でギフト券を使ったクレジットカード現金化には、

  • クレジットカード会社にバレやすい
  • 少額しかお金が手に入らない
  • 手間と時間がかかる

と言ったデメリットがある点には注意しなければいけません。

したがって

  • 最短即日でお金を手にしたい
  • クレジットカード会社にバレることなく、お金を手にしたい
  • 数万円単位の大きなお金を手にしたい

とお考えの方は、現金化業者を活用するようにしましょう。

クレジットカード現金化をする際には、自分で行うのか現金化業者を利用するのかをよくよく比較・検討してから利用するようにしてください。

  • 一枚のギフトカード
    ギフト券を使ってクレジットカード現金化をする方法
  • 砂に書かれた危険という文字
    ギフト券の換金はバレやすい?注意点や安全性を解説
  • Amazonギフト券を換金する人
    Amazonギフト券の換金率とクレジットカード現金化はどちらがオススメ?
  • amazonでギフト券を購入する
    Amazonギフト券をクレジットカードで購入する方法を解説
  • たくさんの商品券
    商品券をクレジットカードで購入する方法まとめ
  • 3枚のギフトカード
    JCBギフト券を換金する方法を分かりやすく解説
おすすめの記事