Amazonギフト券の換金率とクレジットカード現金化はどちらがオススメ?

Amazonギフト券の現金化とクレジットカード現金化は、両方とも換金率が高く、手続きが簡単なことから人気のサービスです。

両者とも似たようなサービスであるため、どのような違いがあるのか、換金率や入金スピードの違いを知りたい…と言う方もいらっしゃるでしょう。

そこで本記事では、Amazonギフト券の現金化とクレジットカード現金化を項目別に徹底比較していきます。

Amazonギフト券の換金とクレジットカード現金化を比較!

クレジットカードが入った財布

それではより具体的にAmazonギフト券の換金とクレジットカード現金化を比較していきましょう。

比較するチェックポイントは、以下の5つです。

  • 換金率
  • スピード
  • 調達金額
  • 危険性
  • 利便性

それではより詳しく解説して参ります。

①換金率を比較

Amazonギフト券を転売する際の換金率は87~96%です。

ご覧の通り、Amazonギフト券はとても高い換金率で現金化をすることができます。

一方でクレジットカード現金化の換金率の相場は、80%前後となっています。

クレジットカード現金化の方が決済手数料がかかったり、転売のための商品を用意しなければいけない分、換金率は低くなります。

より高い換金率で、サービスを利用したいと言う方は、Amazonギフト券の現金化の方がオススメです。

②スピードを比較

Amazonギフト券を現金化するには、コンビニやAmazon内でギフト券を用意する必要があります。

それから買取業者に申し込みをする必要があり、お金を手にするまでに時間がかかってしまいます。

一方のクレジットカード現金化は、スマホから申し込みをすることが可能です。

またクレジットカード現金化に使用する商品は予め、現金化業者が用意してくれるため、時間がかかりません。

現金化業者を利用すれば、申し込みから最短10分程度でお金を手にすることができます。

スピードという項目を比較すると、クレジットカード現金化の方が分があると言えます。

③調達金額を比較

Amazonギフト券の最高金額は1万円です。

複数枚のAmazonギフト券を購入すれば、数万円単位の現金化をすることも可能ですが、その分、換金に手間がかかってしまいます。

一方でクレジットカード現金化の場合、ショッピング枠の空き次第で数万円以上のお金を現金化することができます。

クレジットカードの設定次第では、10万円を超える金額を手にすることも可能です。

「多くのお金が必要…」

という場合には、クレジットカード現金化がオススメです。

④危険性を比較

クレジットカード現金化とAmazonギフト券現金化は、両者とも違法ではありませんが、利用規約上は禁止されている行為です。

そのため万が一発覚してしまうと、ペナルティ処分を課せられてしまいます。

クレジットカード現金化では、

  • クレジットカードが利用停止になる
  • ブラックリスト入りになってしまう
  • 残高を一括請求される

といったペナルティが課せられます。

一方のAmazonギフト券現金化の場合は、

アマゾンの会員権剥奪

  • Amazonプライム、プライムビデオ、キンドルなどのサービス停止
  • Amazonポイント没収

などのペナルティ処分が考えられます。

また現金化業者と、Amazonギフト券の買取業者、どちらにも悪徳業者が存在していますので、注意しなければいけません。

特に現金化業者の方は、過去に出資法違反の容疑で逮捕されたという事例もあります。

悪徳現金化業者を利用してしまうと、

  • 商品を購入したのにお金が入金されない
  • クレジットカードを悪用された
  • 個人情報が流出してしまった

といった被害にあってしまいます。

Amazonギフト券の買取を謳う悪徳業者を利用してしまうと、

  • 低い換金率で買い取られた
  • ギフト券を渡したが、お金が入金されない

といった被害が想定されます。

繰り返しですが、どちらの業者を利用する際にも、悪徳業者の存在には気をつけましょう。

⑤利便性を比較

続いて両者の利便性についても比較していきます。

前述の通り、クレジットカード現金化の方がスピードに優れており、手間なく申し込みをすることができます。

またクレジットカード現金化は来店不要で利用することが可能で、自宅からでもお金を手にできます。

一方でAmazonギフト券の現金化は、自分で準備をすることが多く、現金化の際には実店舗に行く必要があります。

そのためクレジットカード現金化の方が、Amazonギフト券現金化よりも、いざというときの利便性は高いと言えるでしょう。

メリット・デメリットを比較

クレジットカードと時計

クレジットカード現金化とAmazonギフト券の以上、5つの違いを確認したところで、それぞれのメリットとデメリットを比較してみましょう。

まずクレジットカード現金化のメリットは以下の通りです。

  1. 最短10分程度でお金を手にすることができる
  2. 来店不要で、自宅からでも申し込みが可能
  3. 手にできる金額が大きい

一方でAmazonギフト券現金化のメリットは以下の通りです。

  1. 換金率が90%以上と高い
  2. 最短即日で現金化が可能

続いてデメリットについても比較してみましょう、

まずはクレジットカード現金化のデメリットです。

  1. 手数料が高い
  2. 悪徳現金化業者が存在する
  3. クレジットカード会社は利用規約上で禁止している

一方でAmazonギフト券現金化のデメリットは以下の通りです。

  1. 悪徳業者が存在する
  2. Amazonはギフト券の現金化を禁止している
  3. 実店舗に行く必要がある
  4. 手にできる金額は少ない

それぞれの利用ケースを比較

クレジットカード現金化とAmazonギフト券現金化のメリットとデメリットを比較し、それぞれどのような目的や利用ケースで活用すればいいのかをご紹介します。

まずクレジットカード現金化は、

  • 多くのお金が必要
  • 近くに金券ショップがない(金券ショップまでが遠い)
  • 忙しくて、時間がない

といったケースで利用するといいでしょう。

一方でAmazonギフト券の現金化は、

◉高換金率で現金化がしたい

という方にオススメです。

まとめ

クレジットカード現金化とAmazonギフト券の現金化は、どちらも困った時に大助かりな金策です。

ただ両者にはそれぞれ特徴やメリット・デメリットがあります。

どちらが明確に優劣がある、というわけではありませんので、状況に応じて使い分けるようにしましょう。

基本的には、高換金率を求めるならAmazonギフト券の現金化を、スピードと金額を重視するのであればクレジットカード現金化を利用することをオススメします。

ただ両方とも、悪徳業者が存在しています。

ご利用の際には安全性を重々確認するようにしてください。

  • 一枚のギフトカード
    ギフト券を使ってクレジットカード現金化をする方法
  • 砂に書かれた危険という文字
    ギフト券の換金はバレやすい?注意点や安全性を解説
  • Amazonギフト券を換金する人
    Amazonギフト券の換金率とクレジットカード現金化はどちらがオススメ?
  • amazonでギフト券を購入する
    Amazonギフト券をクレジットカードで購入する方法を解説
  • たくさんの商品券
    商品券をクレジットカードで購入する方法まとめ
  • 3枚のギフトカード
    JCBギフト券を換金する方法を分かりやすく解説
おすすめの記事
クレジットカードで購入できる商品券まとめ
商品券(ギフト券)の換金・現金化する方法
本記事では商品券を現金化しようとお考えの方のためにクレジットカードで購入できる商品券の種類や実際の換金率などをご紹介していきます。またクレジ...